がんは「他人事」ではありません!

 がんは「他人事」ではありません。日本は先進国の中で唯一、がんが増えています。

最近、終活が話題となり、当事務所にも、贈与や相続についてご相談にみえる方が多くなってきました。

人間誰しも最期を迎える時がやってきます。

その日まで健康に過ごし天寿を全うしたいと思いますが、現在日本では表題のような状況です。

先日、東大病院のドクターのガンに関する講演を拝聴して、衝撃を受けましたので、今回はがんについて、少しお話したいと思います。

 

見出しはホント?

衝撃的な見出しで始まりましたが、残念なことに誇張ではありません。

日本は、人口比におけるがんの死亡割合が世界でも高く、“がん大国日本”とも言われています。

現在がんは死因の1位となり、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなっています

 

なぜ増えているのでしょう?

高齢化もありますが、日本人ががんを理解していないことが、大きな原因と言われています。

日本人は仕事や日々の生活が忙しく、自分の体と向き合う時間や気持ちのゆとりもありません。

食事もついついファーストフードで済ませたり、睡眠不足が経常化し、睡眠負債という言葉が話題になるほどです。

そんなに状況ですので、がん検診にもなかなか足が向かないのか、検診率は先進国で最低レベルになっています。

早期でがんを見つけられず、進行してしまい、命を落とすケースも少なくありません。

 

がんを防ぐには?

がんは、わずかな知識と、それに基づく行動によって、大きく運命を変えることができる病気です。

実は遺伝によるがんは、5%にすぎず、原因の多くは生活習慣が引き金となっているようです。

運命を変える切り札は、次の2つをセットで行うことです。

①がんを防ぐ生活習慣

②早期発見のためのがん検診

9276cc5fa32ba475dfdfdd43e11afbff_s

 

 

 

 

 

 

食事や運動といった生活習慣を見直すだけで、がんを予防する効果があります。

がんは6割が治ると言われていますが、早期のうちに見つけられれば9割以上完治しているのだそうです。

 

がん検診の大切さ

がんについて正しく知ると、がん検診の重要性が分かってきますね。

日本では、胃・肺・大腸・子宮頸部・乳房の5つのがん検診で、死亡率の減少効果が認められ、推奨されています。

みなさま、健康診断や人間ドックを毎年受けていますか?

「もう年だから・・・」なんて思わず、元気で日々を過ごせることこそが、自分にとってだけでなく、周りの人にとっての幸せともなります。

7f522e2575a209097f62ab85aa2b2762_s

 

 

 

 

 

終活も、元気だからこそ出来ることが沢山あります。

“毎年、お子さんやお孫さんに贈与をして喜ばれる”という終活も、素敵ですよね。

一緒に考え、そのお手伝いをさせて頂ければと思います。

 

*当事務所は、がん対策推進企業アクションに参加しています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です